米粉で作る!美味しい洋菓子いろいろ


親泊まり奈(宮古島市立平良中2年)

時間、焼き方で変化


米粉を使ったおいしいお菓子作りに情熱を燃やす親泊まり奈さん=那覇市

 お菓子作りが好きで、小麦粉アレルギーのことを聞き、小麦粉の代わりに米粉を使ったいろいろなお菓子を作ろうと挑戦している。安全でおいしい米粉のお菓子のレシピを考案するため実験を重ねる。
 小麦粉と米粉では、スポンジケーキの膨らみ方は違うのか、砂糖の種類でも変わるのか調べた。三温糖、きび糖、てんさい糖、上白糖、黒糖の5種類をそれぞれ小麦粉、米粉の生地に使った。5種類の平均では米粉の方が小麦粉のケーキより1ミリ、ケーキの高さが高く「小麦粉の方が膨らむ」という予想とは違い、あまり差はなかった。黒糖のケーキが風味が強く、きめが細かいのは上白糖を使ったもの。米粉の方が小麦粉よりきめが細かかった。また、生地を作ってからすぐ焼くとよく膨らむことも分かった。一方、クッキーを米粉で作ると固くなった。本で調べたり専門家に聞いたところ、片栗粉を混ぜるなどのヒントが得られた。
 実験ではたくさんのお菓子を作るので「手際良くやらないといけないから大変。でも作っていくうちにいろんな発見があって面白い」。「小麦粉のほかにも卵や乳製品も使わないお菓子も作ってみたい」と話した。

〈一言アドバイス〉

 米粉を使ったちんすこう類似のものが既に作られています。しかし、ポルボロン(スペインのほろほろしたクッキー)みたいにもろいです。粘性がでる食品を利用して県産品ちんすこうも作ってはどうでしょうか。また、どのような食品が粘性がでるかも科学しましょう。(與儀) 

Powered by Facebook Comments