伊良部島、佐和田の浜から続く干潟の生物相調査
山口真理子、池間和奏、河野優美、城間理瑳、小原天斗
佐久川佑、濱川翔、前里直道、嘉手納一誠
伊良部高・伊良部島自然クラブ(1・2年)


自然の豊かさ実感

オカガニのほかに、干潟の貝や海の魚なども調べる伊良部島自然クラブ=宮古島市の伊良部高校

 伊良部島ではよく見る生き物の代表格、オカガニ。身近にいるため興味が持ちやすく、やろうと思えばすぐに観察できることがテーマに選んだ理由の一つ。満月の夜に行われる放卵を目指して夜の観察に出たり、マーキングをして行動範囲を調べたり。オカガニ調べと聞いて、最初は「調べることなんてあるのと思った」(山口真理子部長)部員たちも、調べるほどに深まる世界にはまり、今では甲羅を見るだけで雌雄を見分けられるほどだ。
 昨年の調査では、伊良部島と下地島の間の水路の奥まったところで放卵するメスを見つけた。「感動した」と喜びながら、雨水が流れ込んだり海水が干上がったりする場所での放卵に「どのくらいの塩分濃度まで耐えられるのか」と疑問を持ち、幼生の飼育実験を実行。真水に対する海水の割合が70~120%だと生きられることも突き止めた。
 去年は4人だった部員も今年は9人に。仲間が集まれば方言での呼び名からテレビで見た話まで、生き物の話で持ちきりだ。サンプルの捕獲能力ナンバーワンの前里直道君は「野外調査は車での移動中も楽しい」と満喫、山口部長は「自分たちの住む島の自然の豊かさを実感できる」と満足そうに話した。

識者コメント

 地域の自然環境の理解と保全のための基礎データ収集という点で大変意義深いものがあります。その中でもオカガニの繁殖生態を中心に、幼生の塩分濃度に対する耐性や繁殖時の行動観察などの研究は、那覇高校とも関連するようです。相互の情報交換なども交え、研究が深まることを期待しています。(安座間)

Powered by Facebook Comments